Top Page 1. 梅林号 D51470 2. 蒸気機関車の日常 3. 元蒸気機関士 4. 今の技術なら 付1. リンク 付2. 近隣の保存車輌 交流板

長野県奈良井(2006年4月30日)



 この機関車は、実にわかりやすいところに保存されている。中央線と国道19号線がほぼ平行して走っているところを名古屋から塩尻方面に向かっているときは、奈良井の駅に着く前の中山道・奈良井宿の西側からの入り口にある駐車場に設置してある。見たとおり。塩尻方面から来るときは、旧中山道の町並みに入らず、19号線で奈良井宿中心部を右手にしながら通り過ぎたところで出くわすことができる。上の写真はその19号線から撮ったものであり、機関車手とその手前の車は、奈良井川の向こう側の道にあり、旧中山道はその後ろに移っているJRの列車のさらに向こう側にある。
 奈良井宿は、名古屋と比べると海抜が結構高くなってきていて、夏でも非常に涼しく冷房が要らないくらいと、町並みの一軒の店の主が説明しておられた。訪れたのは春の連休中で、その冬は全国的に大雪だった年。桜は平年より遅れ気味だったため、このあたりは満開だった(↑写真左手に枝が写っている桜は満開、しかし、正面の桜は散ったあとだったが、むしろこの散った桜の方が例外だった)。それもあってか、駐車場は非常に多くの車が止まっていて、宿場の姿を残した街中は大変な賑わいだった。

 

 

   ごらんの通り,かなり状況は悪い.やまてつさんが2001年に見たときは非常にきれいだった(投稿No.1390)とのこと.それがこんなにひどくなっていたのは06年4月末.
 そう思っていたら,2007年4月25日にはやまてつさんの「保存機関車掲示板」に「特別快速」様がきれいになっていたと報告(No.2460)されていた.貼り付けられた写真を見ると,まるで新車のような輝きぶり.それなら,もう一度,見に行って見たい.この写真のままでは,間違った印象を伝えてしまうことになる.
 

 


 









このページの作者への連絡は、D51470HPkeeper(HP管理人) までお寄せいただければ幸いです。


Access No.
(Since July 11, 2006)
inserted by FC2 system